毎日がReset☆

思いもよらなかった病気の数々の発覚→リセット・毎日・日々精進

さて、何からやればいいの?【1】

こんにちは!cherryです☆

 

さて、3つの宣告を受けて、これからの人生に取り組むことを考えました。

 

「自分に出来ることは何?」👈 現在も継続中

 

 

 

f:id:cherry-R:20200427222522p:plain

 

 

落ち込む時間をなるべく早くに断ち切るため、考えました。

そして、私にとってMUSTなことは、次の4つに絞りました。

                

 

1.病気についての知識を持つ

私は「糖尿病や甲状腺機能亢進症や大腸」についての知識は、うわっぺらなもので、

一から知る必要がありました。

本屋に行っては立ち読みし(たくさんの専門書がありすぎて、どれか1冊に絞れない)、

インターネットで、様々なサイトを読みました。

知らないことだらけで、落ち込む事もありました。

でも、知ることから逃げては、上手に付き合えないと思います。

 

敵を知り己を知れば百戦殆うからず【故事ことわざ辞典】

彼を知り己を知れば百戦殆うからずとは、敵についても味方についても情勢をしっかり把握していれば、幾度戦っても敗れることはないということ。

 

 まぁ、「戦」ではないのですが、気分はこんな感じです。

 

 

2.  通常の生活で、気をつけることを無理せずに取り入れる。

これは、大まかにいうと「食事と食事の仕方」のことです。

 

それまでの私は、育ち盛りの息子の食事を第一に考えていました。

3歳からサッカーひと筋の息子は、平日は大きな2つのお弁当と

おかず入りの大きなおむすび2つ。部活から帰宅して夕食は大体8時から9時。

私もその時間に夕食です。そして翌日は朝練のため4時半起きの毎日。

これでは、血糖値が下がる間もないです。

その上、ばたばた過ごす毎日はついつい「早食べ」になってました。

そして、私は炭水化物大好きだし・・・(ごはん、パスタ、麺、粉ものetc)

 

 

3.  外出した時や旅行に行ったときの食事について、用心すること。

病気が発覚したのは、息子がひとり暮らしを始めた時期です。

自由な時間が出来て、友人との食事や旅行することが増えたのですが、

楽しく過ごせるように試行錯誤しました。

 

 

4.  検査や通院は、怠らない。

大腸内視鏡検査は、先生の指示通りに必ず1年に1回を5年間。今は2年に1度です。

甲状腺機能亢進症と糖尿病については、月1回の通院を6年間続けてます。

甲状腺の数値は薬のおかげで落ち着いています、血糖値はインスリンを打ってます、

だからつい「今月はいいか」と思ってしまいますが、合併症を起こしたくないから、

行かないわけにはならないのです。

 

 あとがき

 

上記の4つについては、ひとつずつ、もう少し詳しく書くことにします。

こうやって、書いていくことで「また頑張ろう!」と思えるから不思議です。

そして、読んでくださる方がいると思うと、ちゃんとしなくちゃ!とも思います。

ありがとうございます。日々、精進☆です。

 

 

プライバシーポリシー・お問い合わせ